ケース4

ケース4

ケース4

ケース4

家族の急な入院や友人の結婚式、生活費の遣り繰りに失敗した。
予期しない出費が続いたとき、どうやって現金を用意すればいいでしょうか。
貯金があれば問題ありません。
理由は人それぞれですが、預金通帳の残高も人それぞれです。
知人に借金するのは、なるべく避けたいと思う人が多いでしょう。
その場合、選択肢のひとつにカードローンがあります。
聞いたことはあるけど、どうやって作ればいいのか分からない、という人は、まずカードローンの情報収集から始めるべきでしょう。
他社と比べて金利が高い、返済方法が限定されているために返済が困難といった後悔を防ぐためにも、自分に合った無理をして返済しないカードローンを選んでくださいね。

また、実質最低金利で借りられることは少ないので、金利幅の狭いほうがお得のようです。
少額の融資の場合、金利が高いこともあるので、最高金利の安いところを選ぶ、というのが、注意点として挙げられていました。
どの会社も金利に幅をもたせてありますが、全員が広告の最低金利で融資を受けられるわけではないようですね。
私が思うに、各社のパンフレットなどに明示されている利率の一覧を確認までするのが賢い情報収集のようです。